中原一博の検索結果

「中国政府のチベット統治はすばらしい」外国人記者のコメントを官製メディアが捏造(tonbani) : 中国・新興国・海外ニュース&コラム | KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)
たというが、このコメントが使われることもなかった。 中国日報の記事を受け亡命チベット系のメディアや団体が抗議していたが、Callick記者の反論によれば濡れ衣ということになる。中国のプロパガンダメディアがゼロからコメントを捏造したという事例となった。 関連記事: 踏み絵と化した中国国旗掲揚=拒否したチベット人3人を拘束、軍警が村を封鎖(tonbani) 中原 一博 『「太陽を取り戻す
kinbricksnow.com/archives/51870733.html
【本】『太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議』(中原一博=著): チベット式
『太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議』( 中原 一博 =著) ブログ『チベットNOW@ルンタ』等を通じてチベットの最新情報を発信し続けている、インド・ダラムサラ在住の 中原 一博 さんが『太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議』を刊行した。焼身者124人の記録と分析を通じて、2009年以来続く焼身抗議の全貌と背景を伝える大作(342ページ)。ダライ・ラマ法王
tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2013/08/post-dcc3.html
中原一博『「太陽を取り戻すために」 チベットの焼身抗議』、電子書籍出版のお知らせ(tonbani) : 中国・新興国・海外ニュース&コラム | KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)
■ネット本「太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議」上梓■ 未熟ながら、チベットの焼身抗議をまとめたネット本を一冊書きました。 「太陽を取り戻すために」 チベットの焼身抗議 To regain the missing sun Self-immolation protests by Tibetans アクセスURLアドレスはこちら。 チベット人にとって「太
kinbricksnow.com/archives/51867419.html
チベット亡命政府:「抗議の焼身20件超える」首相語る - 毎日jp(毎日新聞)
できないほど深刻なのかもしれない」と指摘した。 チベット支援の日本の非政府組織(NGO)「ルンタ・プロジェクト」代表でダラムサラに27年間居住してきた 中原 一博 さん(59)は取材に、「チベット人の抗議が強まるほど、中国側は力による支配を正当化し、さらにその抗議で焼身が続く。悪循環だ」と話した。【ニューデリー杉尾直哉】
mainichi.jp/select/world/news/20120217k0000m030112000c.html
google+にアップされた衝撃の写真=文革かと見紛う弾圧の光景―チベット(tonbani) : 中国・新興国・海外ニュース&コラム | KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)
■ウーセル・ブログ 写真記録:「安定維持」されるチベット人■ *当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。 文革時代かと見紛うチベット人弾圧写真。以下の写真に2011年12月2日付けのブログでウーセルさんが短い解説を書かれている。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 『写真記録:「安定維持」
kinbricksnow.com/archives/51760466.html
「政治的津波」は国を根こそぎ奪い去る:日経ビジネスオンライン
セル女史、またダラムサラ在住の日本人建築家、 中原 一博 氏のブログなどで発信している情報などを整理すると、次のような概要になる。 ――今回の事件は3月16日のキルティ僧院の20歳の僧侶プンツォが焼身自殺から始まる。3月16日はキルティ僧院にとって意味深い日である。2008年3月にラサを中心に全チベット地域で抵抗と弾圧、騒乱が広がった。3月16日にはアバでも大規模
business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110502/219728/
勇敢に外国メディアの前に躍り出て真実を訴えた僧侶 死亡 - ガジェット通信
今回は 中原 一博 さんのブログ『チベットNOW@ルンタ』からご寄稿いただきました。 勇敢に外国メディアの前に躍り出て真実を訴えた僧侶 死亡 『9−10−3の会』(グチュスン・チベット良心の囚人の会) *1 によれば、2008年3月にアムド、ラプラン・タシキル僧院で平和的抗議活動を行った僧サンゲ・ギャツォ氏(41)が先週の土曜2月26日に自身の僧房で息
getnews.jp/archives/101980
Togetter - まとめ「北アイルランド紛争、暴力・復讐・赦しをめぐって」
の @preabsanol さんのtweetsと、@nofrills がこれまでに書いてきたブログから。 ところどころに北アイルランドのコンテクストを有する音楽を挟んであります。 最後に、チベット亡命政権のダラムサラから更新されている 中原 一博 さんのブログ「チベットNOW@ルンタ(ダラムサラ通信)」から、1972年に英軍のゴム弾baton roundで失明したデリーの男性のお話
togetter.com/li/28023
天漢日乗: ラサ燃える(その87)現在、21世紀のラサで行われている拷問の実態
れて、 中原 一博 さんのblog「チベットNOW@ルンタ」に掲載された。 是非、ご一読を。 2008年05月19日 ラサの監獄の地獄絵を伝える貴重な証言 続ラサの監獄の地獄絵を伝える貴重な証言 いま、災害復旧に当たっている成都軍区の人民解放軍と武装警察の中には、3月以降、チベット弾圧に駆り出された兵士もいるだろう。チベット自治区は、成都軍区の管轄
iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/05/8721_3f6a.html
天漢日乗: ラサ燃える(その60)チベット人がチベット人警官を射殺というニュースの真相は「中国当局による人間狩り」→追記あり
した。 隊長は、同容疑者を逮捕しようとした際に6発の銃弾を浴びて死亡したという。 (2008年4月30日13時51分 読売新聞) どうも変だ。 と思っていたら、ダラムサラのルンタプロジェクトを支える日本人 中原 一博 さんのblog「チベット@NOW」に真相が記されていた。長いが引用する。 元になっているのは、チベット亡命政府の緊急リリースである。 For
iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/05/60_17aa.html

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索