スズキ浜松AC

スズキ浜松アスリートクラブは、日本の陸上競技クラブチーム。 自動車メーカーのスズキ株式会社が支援している。中長距離種目を専門とする選手が多いが、短距離や投擲種目の選手も所属している。 2010年3月に日本実業団陸上競技連合を退会し、スズキ陸上競技部からスズキ浜松アスリートクラブへと名称を変更しクラブチーム化した。

スズキ浜松ACの検索結果

メダリストが銀座パレード 沿道で50万人大歓声! - MSN産経フォト
メダリストら72人が、沿道に詰めかけた約50万人の観衆に笑顔で応えた。 選手らは銀座中央通りの約1キロを、午前11時から約20分間かけてパレード。吉田選手と日本選手団主将を務めた陸上の村上幸史選手( スズキ 浜松 AC )が乗ったオープンカーに先導され、バス5台に分乗した他のメダリストが、手を振って沿道の歓声にメダル獲得を報告した。 体操男子金メダリストの内村航平選手
photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/08/0820medalist/
特選スポーツノンフィクション ロンドン五輪・日本代表「ライバル物語」 | スポーツ | 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]
、「ライバル」という言葉でしか表せない。ロンドン五輪の開幕まで20日を切った。知られざるライバルたちの物語。 本心は決してさらさない 「幸史は、こんな瞬間が訪れるのを、待っていたのかもしれない」 13連覇を懸けた陸上の日本選手権。やり投げ王者・村上幸史(32歳・ スズキ 浜松 AC )は、一回りも年下の挑戦者に、まさかの敗戦を喫した。しかも自己ベストを更新した上での、完敗
gendai.ismedia.jp/articles/-/33015
10種競技の快記録。~日本人の壁を破った右代啓祐~(1/2) - Number Web : ナンバー
を一気に変革する記念碑的な快記録が誕生した。日本陸上選手権・混成競技の最終日、10種競技で右代(うしろ)啓祐( スズキ 浜松 AC )が8073点の日本記録を樹立したのである。それまでの日本記録は1993年に金子宗弘(ミズノ)が記録した7995点。8073点は18年ぶりの日本記録であるとともに、日本人初の8000点オーバーという日本陸上界念願の記録だった。 「ずっと
number.bunshun.jp/articles/-/141434

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索