ツイッターから見た旬な情報、活用していますか?

ツイッターを見ていると、ネットを通じてでも世間の状況をよく見ているのが見て取れる。その中にはあらゆる情報がその時々で話題をもたらしますが、そうした情報で最も話題を呼ぶものとは何なのか。このサイトではそんなツイッターを騒がせる話題とはどのようなものなのかを、リアルタイムに即して紹介・考察していきます。

気になる話題はいつでもどこでも

都道府県民の日を気にしたこと、ありますか?

E3のゲーム情報も気になりますが、こちらも1日経てば若干の平穏を迎えてしまいます。最新の情報がこれ以上ないと次へとシフトしがちな話題ですが、次にどんなハッシュタグで話題が出てくるのか調べてみると、気になる単語として『県民の日』というものが上がっていた。

丁度この時、県民の日にあたる栃木県と千葉県が該当する日だったので興味が出たという人がいたのでしょう。だがどちらかと言えば、『県民の日だからそれが何か?』という感想が多く見られる。ものすごい冷淡な反応に見えますが、それもそのはず。こうした都道府県ごとの日として制定されている場合、所によっては学校が休みとなるからだ。実際筆者も現住所では神奈川だが、以前東京の住所にいた頃には10月1日の『都民の日』では学校が休みになったのを覚えている。小中高、ともにすべてこの日は休みだったのでなんだか得をしたような気分だった。都民が都民のために祝う日、と言っても実際に休みとしているのは教育機関のごく一部だけで、それ以外は通常運転です。企業にしても大学にしても、無論隣接する神奈川に至っては休みどころの話ではない。

この時の県民の日も、指定されているけど別に仕事が休みだったりしないから関係ないよなぁ、といった感じで改めて考えさせられます。そもそもどうしてこんな日が制定されたのかというと、大部分はその日に各都道府県が成立した日だからお祝いをする、というのが名目となっている。だが日本の社会人にそんなものは必要ねぇとばかりに通常運転が求められる。世知辛い世の中だ。

鳥って可愛いですよね

実は

日本には47都道府県が存在します、その全てにそれぞれの府県に記念すべき日があるのかと思いきや、都民の日や県民の日といったものは全国の約半分の都県にしか存在しないのです。記念とされる日が何処の県で、いつになっているかについてはこのようになっている。

月日 名称
福井県 2月7日 ふるさとの日
長野県 2月7日 長野の日
愛媛県 2月20日 県政発足記念日
神奈川県 3月19日 立庁記念日
三重県 4月18日 県民の日
岡山県 4月18日 創立の日
富山県 5月9日 県民ふるさとの日
沖縄県 5月15日 本土復帰記念日
栃木県 6月15日 県民の日
千葉県 6月15日 県民の日
静岡県 8月21日 県民の日
福島県 8月21日 福島県民の日
秋田県 8月29日 秋田県の記念日
鳥取県 9月12日 県民の日
東京都 10月1日 都民の日
群馬県 10月28日 群馬県民の日
茨城県 11月13日 県民の日
埼玉県 11月14日 埼玉県民の日
大分県 11月14日 県民の日
山梨県 11月20日 県民の日
和歌山県 11月22日 ふるさと誕生日

1年間を通して見てみると、同じ名称もしくは同じ日に記念日が集中しているのが分かる。時勢的に明治から設立されたものばかりとなっているが、由来にはやはり当時は存在しなかった県名がその日を境に誕生したことから、というのが大きな起因となっているようだ。

国というよりは県を通して祝福すべきものだと考えるなら、その日一日くらい休みにしてもいいのでは、なんて思ったりもする。高校までの教育機関でも休みになっているのだから、安息を提供するという名目で休みにしても問題無いだろうと思うのは、個人的な考えにすぎないだろうか。

設立されているからといって

しかしだ、祝日にしても何にしてもその一日の休みをきちんと理念通りに過ごしているかと聞かれたら、そうだと答える人は少なそうだ。日本には様々な祝日が存在していますが、大多数の人が『祝日=休みが一日多い』というふうにしか捉えていないと思います。それか『祝日=いつもと変わらず出勤ですが何か文句でも?』というケースの方が多いかもしれません。カレンダー通りに休めるところもあれば、そうではない変則シフトの場合もあるのでなんとも言えないところだ。

注目ニュース

虚しくなる今日このごろ

今日は県民の日かぁ、と思っても社会人には基本関係のない話として処理されてしまいます。休みになるのは所詮学生だけ、と考えると虚しくなるからだ。それなら自分たちも休みにしてくれと言いたくなる、無駄に記念日を作っても休めないなら意味ないじゃないかと思うだろうが、例えば県の人が都で勤務していた場合になると休みが欲しいという方が難しい。都民の日を経験している時もありますが、通学先の学校が東京で住所が神奈川という人は、休めた。こういう特例を見せるとシッチャカメッチャカになるから休みに出来ないという欠点があるのかと。

日本の祝日システムが複雑怪奇なのは知っていたが、都県それぞれの日についても議論が出そうだ。