「クルマ好きなら毎日みてる『webCG』-クルマ専門誌『CAR GRAPHIC』web」のTwitterでの新着ページ

リンカーンの旗艦車種、コンチネンタルが復活【ニューヨークショー2015】 | webCG

リンカーンの旗艦車種、コンチネンタルが復活【ニューヨークショー2015】 | webCG www.webcg.net

リンカーン・コンチネンタル コンセプトは、フォードがリンカーンブランドのフルサイズセダンとして2016年に市場投入を予定している新型車の方向性を示すコンセプトモデルである。エクステリアではリンカーンのエンブレムを中央にあしらったクロムグリルや、ウィンドウモールと一体となったタッチ式ドアハンドル、車幅いっぱいに広がるテールランプなどが特徴となっており、特にフロントグリルについては、次世代のリンカーン車のフロントマスクを示唆するものとされる。また室内はショーファードリブンを前提にした4座レイアウトとなっており

www.webcg.net/articles/-/32344

第2戦マレーシアGP決勝結果【F1 2015 速報】 | webCG www.webcg.net

【F1 2015 速報】第2戦マレーシアGP、ベッテルがフェラーリで初優勝

www.webcg.net/articles/-/32318

フィアット500の限定車「メントルザータ」発売 | webCG www.webcg.net

フィアット500/500Cメントルザータは、1.2リッター直4エンジンと5段ATを搭載する「500 1.2 Pop」がベースの限定車。イタリアで広く親しまれている、ミントフレーバーを使った飲み物「メントルザータ」をイメージして仕立てたという。エクステリアは、ミントグリーンのボディーカラーと15インチアルミホイールでドレスアップ。インテリアには、イタリアの高級家具ブランド「ポルトローナ・フラウ」の、ブラウン・レザーシートがおごられる。両モデルともハンドル位置は右のみで、それぞれの価格と限定台数は以下の通り。

www.webcg.net/articles/-/32314

第286回:「アルト ターボRS」に歴史あり! ~スズキ“ハイパフォーマンス軽”の系譜をたどる(後編) | webCG www.webcg.net

2015年3月11日、スズキは、個性的なスタイリングの新型「アルト」をベースとした高性能モデル「アルト ターボRS」を発売した。スズキにとっては久々のスポーティーな軽であるが、走りにこだわるこうしたモデルは、これまでもたびたび見られたもので、1960年代後半に出た「フロンテSS360」や、その後の「フロンテ クーペ」、歴代「アルトワークス」など、当時話題となったモデルは数多い。具体的に、過去、どんなホットモデルがあっただろうか? 読者諸兄の記憶には、どのモデルが残っているだろうか?&am

www.webcg.net/articles/-/32310

トヨタが「TNGA」対応の新車台を公開 | webCG www.webcg.net

■2015年中に市場投入の予定TNGAとは、「もっといいクルマづくり」に向けた、トヨタのクルマづくりに関する新しい方針のこと。商品力の飛躍的向上と、原価低減を同時に達成するのが狙い。複数車種を同時に開発する「グルーピング開発」を行うことで、開発リソースを従来比で20%以上削減する見込みという。新プラットフォームでは、アンダーボディーやサスペンションを刷新するとともに、パワートレインユニットを低く配置して車両の低重心化を進める。これにより、ハンドリングや乗り心地、安全性を改善させるだけでなく、「低く構えた、

www.webcg.net/articles/-/32311

ヨットレースを記念したボルボの限定車発売 | webCG www.webcg.net

■「オーシャンレース」をイメージさせる装備を満載オーシャンレース・エディションは、ボルボがオーガナイザーを務める世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース(VOR)」の開催を記念して作られる特別限定車。2001年に「V70XC」(当時)ベースの限定車が発売されて以来、今回で5回目となる。V40がベースになるのは今回が初めて。ベース車両は「V40 T4 SE」のレザーパッケージ装着車(車両本体価格は386万円)。ボディーカラーは大海原をイメージした専用色「オーシャンブルーメタリックII」のほか、「クリス

www.webcg.net/articles/-/32306

ランドローバー・ディフェンダー“ポール・スミス” | webCG

ランドローバー・ディフェンダー“ポール・スミス” | webCG www.webcg.net

1位ホンダS660(後編)2位マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ【短評】3位ホンダS660【開発者インタビュー】4位ホンダS660(前編)5位マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【短評】6位キャデラックATSクーペ プレミアム(FR/6AT)【短評】7位マツダの新世代AWD車雪上試乗会【短評】8位マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ【短評】9位第284回:ヨーロッパ縦断1200km!新型「パサート」の長距離性能を試す10位マツダ・ロード

www.webcg.net/articles/-/32290

ホンダS660(後編) | webCG www.webcg.net

1位マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ【短評】2位マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【短評】3位マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ【短評】4位スズキ・アルトX(FF/CVT)【短評】5位第283回:フォルクスワーゲンのもうひとつのベストセラー「パサート」の魅力を考える6位キャデラックATSクーペ プレミアム(FR/6AT)【短評】7位マツダの新世代AWD車雪上試乗会【短評】8位第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート

www.webcg.net/articles/-/32299?ph=11

空色と若草色のトヨタ・クラウン受注開始 | webCG www.webcg.net

■CM登場車両をイメージベースは「ハイブリッド アスリートS」(FR)と「ハイブリッド アスリートS Four」(4WD)。クラウンのテレビCMに登場する車両をイメージして開発された。同車に乗った時に感じられる爽快感や開放感を象徴する色として、空色と若草色を設定したという。そのほか、外装にはブラック塗装を施したフロントグリル(格子部分)や、ブラックスパッタリング工法で塗装した18インチアルミホイールなどの装備を与えた。内装にも白い本革シートを採用したり、インストゥルメントパネルサイドとドアトリムにボディー

www.webcg.net/articles/-/32292

「水野和敏的視点」 vol.92 ポルシェ・マカン ターボ(後編) | webCG www.webcg.net

■スロットルの早開きに疑問あり前回に続き、「ポルシェ・マカン ターボ」に試乗します。ステアリングとインテリアに気になるところがあるという話は前編でしましたが、次に気になったのは、スロットルがとんでもなく早開きになっていることです。エンジン側のスロットルバルブがコンピューターの制御によって、ドライバーがスロットルペダルを踏み込む量よりはるかに大きく開くようになっています。出足のよさを強調することを目的に、「過度な演出」と思えるほどのチューニングが入っているのです。スロットルの早開きは、あまりパワーがないクル

www.webcg.net/articles/-/32275

マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ【短評】 | webCG www.webcg.net

ライトウェイトスポーツの本分 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ【短評】 マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)/ロードスターSスペシャルパッケージ(FR/6AT) 「軽量コンパクト」という原…続きを表示理原則に立ち返った4代目「マツダ・ロードスター」。2015年6月の販売開始を前に、その走りを試す機会を得た。 従来モデルより大幅なサイズダウンが図られた新型「ロードスター」。フロントオーバーハングを切り詰めるため、コンパクトなLED式ヘッドランプを採用している。

www.webcg.net/articles/-/32269

IT

開幕戦オーストラリアGP決勝結果【F1 2015 速報】 | webCG www.webcg.net

【F1 2015 速報】開幕戦オーストラリアGP、ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

www.webcg.net/articles/-/32252

スズキ・アルト ターボRS | webCG www.webcg.net

1位マツダ・ロードスター プロトタイプ(FR/6MT)【短評】2位フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【短評】3位メルセデス・ベンツS550 4MATIC クーペ(4WD/7AT)【短評】4位旧車イベント「ノスタルジック2デイズ」の会場から5位マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【短評】6位スズキ・アルト ターボRS7位メルセデス・ベンツC180ステーションワゴン スポーツ(FR/7AT)【短評】8位第11回:「ガイシャ濃度」が急上昇!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から

www.webcg.net/articles/-/32238?ph=1

ホンダ、次期ステップワゴンの情報を先行公開 | webCG www.webcg.net

ホンダ、次期「ステップワゴン」の情報を先行公開 本田技研工業は2015年3月13日、ミニバン「ステップワゴン」の新型に関する情報を、オフィシャルサイト上で公開した。 横開きも可能なバックドア。その名も「わくわくゲー…続きを表示ト」。 5代目にあたる新型ステップワゴンは、2015年4月下旬の発売が予定されている。 最も大きなトピックは、バックドアそのものに横開きのドアが備わること。つまり、車両最後部のテールゲートは、縦横2方向に開く仕様となっている。 3列目のシートを左右別々に床下格納できる「マジックシート

www.webcg.net/articles/-/32247

教育

1 2 3 4 5 6 次のページへ »

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索