「クルマ好きなら毎日みてる『webCG』-クルマ専門誌『CAR GRAPHIC』web」のTwitterでの新着ページ

http://www.webcg.net/articles/-/32442 www.webcg.net

socket2carsocket2car 第4戦バーレーンGP決勝結果【F1 2015 速報】 - ニュース: F1第4戦バーレーンGPが、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。 #news... 1時間前

www.webcg.net/articles/-/32442

http://www.webcg.net/articles/-/32392 www.webcg.net

NewsSpotlightsNewsSpotlights アストンとマクラーレン、福岡に新店舗オープン 台湾の永三汽車Yun San Motors Co,Ltdは2015年4月9日、日本…【ニューストピック 】 #news #トピック... 11時間前

www.webcg.net/articles/-/32392

ホンダS660 β(6MT)/ホンダS660 α(CVT)【短評】 | webCG

ホンダS660 β(6MT)/ホンダS660 α(CVT)【短評】 | webCG www.webcg.net

若手開発責任者の挑戦 軽のミドシップのオープン2シーターというスペックを聞いただけで、24年前、筆者は写真すら見たことがないホンダ・ビートを注文した。そのビートが発売された91年に2歳だったという若きホンダマンがまとめた…続きを表示のがS660である。 主査にあたるLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の椋本 陵(むくもと りょう)さん。26歳。2010年6月に開かれた本田技術研究所の新商品提案企画コンテストで、彼の出した「軽のスポーツカー」のアイデアが所員投票によるグランプリに選ばれる。そのままLPL

www.webcg.net/articles/-/32286

ライフスタイル

日産エルグランドに価格を抑えた新グレード | webCG www.webcg.net

今回の新グレードは、既存の「250ハイウェイスター」および特別仕様車の「250ハイウェイスター アーバンクロム」をベースに、一部の装備を簡略化することで価格を抑えたものである。具体的には、エアコンの高性能フィルターをクリーンフィルターに変更するとともに、サードシートバックコンビニフックを廃止。両グレードともに、ベース車より20万880円低い価格設定としている。価格は以下の通り。・250ハイウェイスターS(FF):339万5520円・250ハイウェイスターS(4WD):368万7120円・250ハイウェイス

www.webcg.net/articles/-/32427

Ken Okuyama仕様のジュリエッタに新モデル登場 | webCG www.webcg.net

「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)…続きを表示」 Ken Okuyama仕様の「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に新グレード登場 FCAジャパンは2015年4月16日、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に、工業デザイナーである奥山清行氏とのコラボレーションモデル「Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ

www.webcg.net/articles/-/32428

IT

スバル・レヴォーグ、仕様変更で安全性能向上 | webCG www.webcg.net

今回、レヴォーグに先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」がオプション設定された。これはスバルとして国内初採用となる装備で、以下4つの機能が含まれる。・「スバルリヤビークルディテクション」:ドアミラーでは見えにくい、自車の斜め後方を並走する車両や後方から急接近する車両、後退時に左右から接近してくる車両の存在をドライバーに知らせる機能。・「サイドビューモニター」:ドライバーの死角となる車両左前方の様子を、モニターに映しだす機能。・「ハイビームアシスト」:ルームミラー一体型の単眼カメラで先行車や対向車

www.webcg.net/articles/-/32421

スバル・エクシーガ クロスオーバー7 | webCG www.webcg.net

1位トヨタ・アルファード ガソリン車 2.5リッター G 7人乗り(FF/CVT)【短評】2位ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【短評】3位トヨタ・オーリス120T/86 GT“リミテッド”/プリウスα G's/ハリアーG's【短評】4位BMW i8(4WD/6AT)【短評】5位ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【短評】6位「ジャパン・クラシック・オートモービル2015」の会場から7位ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【短評】8位ホンダS660 β(MR/6MT)/ホンダS

www.webcg.net/articles/-/32419

ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【短評】 | webCG www.webcg.net

大型の固定式リアウイングが“好戦的”な雰囲気を演出する。テスト車のボディーカラーは「ガーズレッド」。 MT廃止もやむなし 991世代の新型GT3は、いつものwebCGパーキングに止められなかった。ペタペタに低い車高が、車道…続きを表示からの段差をクリアできそうになかったからだ。やればできたかもしれないが、1900万円オーバーのクルマでそんな冒険ははばかられた。編集部Tさんに「パンダ」で送ってもらい、数km離れたコインパーキングへ行く。 白日の下で見る真っ赤なGT3は、やはりサーキットの狼である。センターロ

www.webcg.net/articles/-/32408

社会

第97回:さよならポール、最高のラストドライブだった……『ワイルド・スピード SKY MISSION』 | webCG www.webcg.net

トップ > エッセイ >読んでますカー、観てますカー >第97回:さよならポール、最高のラストドライブだった…… 『ワイルド・スピード SKY MISSION』 (2015.4.16) 悲劇を乗り越えて作られた作品 …続きを表示『ワイルド・スピード』第1作の公開は2001年だから、もう14年になる。今回の『ワイルド・スピード SKY MISSION』は7作目だ。このままいけば『男はつらいよ』のような超ロングシリーズになりそうだったのだが、それはかなわない夢になってしまった。2013年11

www.webcg.net/articles/-/32415

芸能・エンタメ

2つのクラシックカーラリーが国内でコラボ開催 | webCG www.webcg.net

■2つのクラシックカーイベントがコラボレーション記者発表会場となった明治神宮をスタート/ゴール地点とする「ラ・フェスタ・ミッレミリア」は、今年で19回目を迎える、公道を使った日本最大級のクラシックカーラリー。1919年から67年に製造された、本家イタリアのミッレミリアへの出場資格を有するモデルを中心とするスポーツカーが、設定されたタイムに合わせていかに正確に走れるかを競うラリーである。初回からのエントラントであり、現在はヴェテランカークラブ東京の会長を務めるタレントの堺 正章氏をはじめ著名人も参加すること

www.webcg.net/articles/-/32420

メルセデス・ベンツA180 Style Plus限定発売 | webCG www.webcg.net

A180 Style Plusは、「A180」をベースとする特別限定車。ボディーカラーはカルサイトホワイトとジュピターレッドが選べ、それぞれボディー同色のフロントグリルや17インチ5ツインスポークアルミホイール、専用シート、専用インテリアトリムなどでドレスアップされる。安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」や、駐車をサポートする「アクティブパーキングアシスト」なども与えられる。主な特別装備の内容は、以下の通り。・専用エクステリア(クロム付きボディー同色フロントグリル、リアデザイン)・専用シ

www.webcg.net/articles/-/32414

第3戦中国GP「再燃のチームメイト対決」【F1 2015 続報】 | webCG www.webcg.net

■トップチームに必要なことドイツの常勝軍団は夢からたたき起こされ、勝利を渇望していたイタリアの古豪チームは永い眠りから目を覚ました――ルイス・ハミルトン&メルセデス独走の開幕戦から一転、第2戦マレーシアGPではフェラーリのセバスチャン・ベッテルがシルバーアローとの真っ向勝負に勝ち、1強体制の継続に新鮮味を欠いていたF1は、にわかに活気を取り戻した。マレーシアでのフェラーリの勝因は、路面温度60度以上という高温下でピレリタイヤを上手にマネジメントできたこと。結果、メルセデスほかライバルより1回少ないタイヤ交

www.webcg.net/articles/-/32402

カーボン調ルーフのダイハツ・ミラ イース登場 | webCG www.webcg.net

■ミラ イースではカーボン調のルーフが選択可能に今回の改良では、ミラ イースにオプションとして、ダイハツ独自のラッピング工法「Dラッピング(カーボン調成型PCV貼付)」をルーフに採用した「2トーンパック」を新設定した。2トーンパックの内容はDラッピングを施したルーフとブラック塗装ドアミラー、Bピラーブラックアウト、メッキアウタードアハンドルからなっており、今回の一部改良に合わせて設定された特別仕様車「X“リミテッドSA”」「Xf“リミテッドSA&

www.webcg.net/articles/-/32385

第18回:もしやニッポンハイブリッド化の反動? 「ランクル70」国内復活が超喜ばしいワケ! | webCG www.webcg.net

10年ぶりに日本で復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。今日も世界各地で活躍している、本格クロスカントリーモデルである。 ヤツが帰ってきただって!? 久々に文句ナシの朗報! だけどある意味灯台もと暗し……続きを表示…みたいな部分もありましたね。実はずっと手元にあったという意味で。そ、予期せぬ“日本自動車界のお宝”こと「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」通称ランクル70系の国内復活であーる。 既に報道されまくりでご存じの人も多いと思うが、先週8月25日にお台場メガウェブで「ランドクル

www.webcg.net/articles/-/31242

社会

1 2 3 4 5 6 次のページへ »

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索

速報ニュース