「www.interq.or.jp」のTwitterでの新着ページ

エロゲーシナリオライター一覧 www.interq.or.jp

各メーカーのサイトでゲームスタイルがデジタル紙芝居であるにもかかわらず、シナリオライター名が公開されていないものがあるというのはいったいどういうことなのでしょうか?事前に公開されていなければ購入判断としての要をなさないのに、エンドロールを見るまでわからないというのはいかがなものか。手間のかかる作業ではないことは明白、売れなくなることを懸念して意図的に隠しているのか、と勘繰りたくもなる。原画家はほぼ公開されているのにシナリオライター名の公開ができないことについて納得のいく説明をしていただきたい。そもそも画像

www.interq.or.jp/rabbit/joh/writer.html

安息香酸ナトリウムカフェイン:アンナカ www.interq.or.jp

アンナカとは?安息香酸ナトリウムカフェインの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版)

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2115003.html

イギリス・ワーキングホリデー査証 www.interq.or.jp

2009年プログラムより新制度「YMS/Youth Mobility Scheme(ユース・モビリティ・スキーム)」 が実施。新制度では2年間のフルタイム就労と滞在が認められ、年令は30歳に引き上げられ ました。(旧ユース・エクスチェンジ・スキームの滞在期間は1年、年令は25歳まで) また2011年度に混乱を起こした「先着順」の反省によって、2012年度から抽選方式へと移行。 尚、英国移民局は2012年3月、入国管理規定の改定にともない滞在期間を現行の2年から以

www.interq.or.jp/tokyo/ystation/uwh.html

ゾルミトリプタン:ゾーミッグ www.interq.or.jp

片頭痛は慢性頭痛のひとつです。頭の血管が拡張し、ズキンズキンと脈打つような頭痛が起こります。吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。人によっては、発作の前に目がチカチカするなど特異な前兆が現れます。このお薬は、片頭痛の急性期治療薬です。拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげます。頭痛発現時に早期服用すると効果的です。【薬理】

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2160004.html

沖縄ゲストハウス・沖縄安宿一覧 www.interq.or.jp

まだ沖縄ドミトリー宿がマイナーだった2000年、その存在をより広く知ってもらおうという趣旨で当ページを作成。これが起爆剤とな って・・・?、2002年頃からドミトリー宿が急増メジャー化。多くの宿が開業したため顧客獲得の競争も激化し宿同士のいざこぞも起 こったりしていました。2006年頃からは供給過多気味によって経営環境も悪化。 2007年に入ると、「安かろう、悪かろう」のドミトリ ー需要が陰りをみせ、よりきれいで快適な居住性が求められる環境に移行。このため大幅改装したり、個室

www.interq.or.jp/tokyo/ystation/okgh.html

フルボキサミン:デプロメール www.interq.or.jp

気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、いろいろな心の不具合に応用されます。【薬理】セロトニンは、気分にかかわる神経伝達物質です。このお薬は、セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害します。これにより、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、神経の伝達がよくなります。結果として、うつ状態が改善され、

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179039.html

アジスロマイシン:ジスロマック www.interq.or.jp

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。このお薬が有効なのは おもに“細菌”による感染症です。グラム陽性菌をはじめ、マイコプラズマやクラミジアという細菌にも有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html

六君子湯 www.interq.or.jp

六君子湯(リックンシトウ)という方剤です。胃腸の働きをよくして、水分の停滞を改善します。その作用から、胃もたれ、胃のチャポチャポ、吐き気、食欲不振、お腹のゴロゴロ、軟便などに用います。やせ型で顔色が悪く、疲れやすい人に向く処方です。【組成】漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。六君子湯の構成生薬は、胃腸によい下記の8種類です。無駄な水分を取り除く“蒼朮”と“茯苓”、滋養作用のある“人参”、吐き気をおさえる“半夏”、健胃薬の“陳皮”、緩和作用の“甘草”などが配合されています。こ

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200141.html

スマトリプタン(内用):イミグラン www.interq.or.jp

片頭痛は慢性頭痛のひとつです。頭の血管が拡張し、ズキンズキンと脈打つような頭痛が起こります。吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。人によっては、発作の前に目がチカチカするなど特異な前兆が現れます。このお薬は、片頭痛の急性期治療薬です。拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげます。頭痛発現時に早期服用すると効果的です。【薬理】

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2160003.html

ペロスピロン:ルーラン www.interq.or.jp

気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状に応用することがあります。【働き-2】心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善します。おもな作用は、ドーパミンとセロトニン

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179043.html

ブロマゼパム:レキソタン www.interq.or.jp

このお薬は、おだやかな作用の心の安定薬です。不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす体の不具合です。たとえば、ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がドキドキしたり、また、女性では生理不順を起こしたりします。実際の処方例としては、不安神経症やパニック障害など各種神経症を中心に、上記のような症状を呈する心身症、うつ病や不眠症、自律神経

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1124020.html

加味逍遙散 www.interq.or.jp

漢方では、血流の異常を”お血”(おけつ)および“血虚”(けっきょ)という概念でとらえます。”お血”は血流停滞、“血虚”は血流不足とみなせます。女性の月経トラブルを含め、いやゆる“血の道症”には、そのような血流異常を改善する方剤が使われます。その一つが加味逍遙散(カミショウヨウサン)です。血液循環をよくして体をあたためる一方、のぼせなど上半身の熱をさまします。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。どちらかというと女性向けで、体が虚弱で疲れやすく、イライラや不安感をともなうときに向きます。具体的

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200017.html

柴苓湯 www.interq.or.jp

柴苓湯(サイレイトウ)という方剤です。体の免疫反応を調整し、炎症をやわらげる働きをします。また、水分循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。体力が中くらいで、口が渇き尿量が少ないことを目安に用います。具体的には、胃腸炎などによる下痢や嘔吐、むくみ(浮腫)などに適応します。また、腎炎やネフローゼ、喘息や肝炎などアレルギーや免疫系がかかわる病気に、さらには不育症(習慣流産)や妊娠高血圧などの治療にも応用されます。【組成】漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。柴苓湯には、“柴胡”や

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200055.html

自立支援医療(旧・32条) www.interq.or.jp

32条とは?正式名称は「(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第32条)」といいました。”ました”・・・と過去形なのはすでにこの法律自体がなくなっているからです。現在は、障害者自立支援法に変わっています。どんな法律だったの?精神科・(または精神科と併設の心療内科)に通院する人の医療費&薬代&デイケアのうち95%を公費で負担することができる制度です。*法律上「してもらえる」という表現ではありませんでしたつまり、32条を適用されている方の窓口での自己負担はたったの5%です。診断書料として3000〜6000円

www.interq.or.jp/green/public/32.html

メトトレキサート:リウマトレックス www.interq.or.jp

リウマチは、体の免疫系がかかわっている膠原病の一種です。関節に強い炎症を生じ、腫れや痛みをともないます。やがて、関節の骨や軟骨が破壊され、変形とともにその機能が失われます。このお薬は抗リウマチ薬です。免疫系の亢進状態を強力におさえ炎症をしずめます。そして、関節の破壊をくい止め病気の進行を遅らせることができるのです。おもに関節リウマチに用いられますが、関節症状をともなう若年性の特発性関節炎にも適応します。実際の臨床効果にも優れ、はっきりとした効果が1〜2カ月であらわれます。重症の患者さんでも半分以上の人に効

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3999016.html

プレドニゾロン:プレドニン www.interq.or.jp

いわゆるステロイド薬です。炎症をしずめたり、免疫系をおさえる作用があります。炎症性の病気、免疫系の病気、アレルギー性の病気などに広く使用されています。たとえば、膠原病、ネフローゼ、関節リウマチ、重い喘息、ひどいアレルギー症状、めまい、耳鳴り などに用います。おもな効能は以下のようなものです。

www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2456001.html

« 前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 次のページへ »

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索