「オーディオの足跡 −オーディオ機器を新旧・性能を問わず何でも紹介−」のTwitterでの新着ページ

http://audio-heritage.jp/DENON/speaker/sc-r88.html audio-heritage.jp

capybirdcapybird これもらいに行くとき、友だちと階段使って運んだのは何年前だったろう..すっごく重たかったよね.. ´▽`... 先週

audio-heritage.jp/DENON/speaker/sc-r88.html

NAGAOKA/JEWEL TONE MP-15J/MP-15HJの仕様 ナガオカ/ジュエルトーン audio-heritage.jp

MP-15Jはカートリッジ単体モデル、MP-15HJはヘッドシェル付属モデルとなっています。 0.15mm角の微小スタイラスチップを採用しています。 UT58テーパードカンチレバーを採用しています。 サマリウムコバルトマグネットを採用しています。 シールドケースにはスーパーパーマロイシールドケースを採用しており、高い磁気シー

audio-heritage.jp/NAGAOKA/etc/mp-15j.html

http://audio-heritage.jp/MARANTZ/player/cd-34.html audio-heritage.jp

bellriverbellriver 初めて買ったCDプレイヤーがこれで、発売されてすぐに飛びついたw Marantz CDプレイヤーCD-34の仕様 マランツ... 3週間前

audio-heritage.jp/MARANTZ/player/cd-34.html

ONKYO スピーカーシステムD-77FRXの仕様 オンキヨー/オンキョー audio-heritage.jp

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。振動板には、北米産のパルプを主原料に、自然界に存在する繊維質では最も強靭とされるホヤの繊維をブレンドし、さらに厚みを持たせ強度を高める事ができるノンプレス製法で漉き上げた、バイオクロスコーンを採用しています。また、磁気回路には直径140×厚さ17mmのマグネットを採用しており、さらに振動系や磁気回路を大振幅時にも安定して支持することができるようダイカスト製フレームを採用しています。 中域にはバイオクロスコーンを用いた12cmコーン型

audio-heritage.jp/ONKYO/speaker/d-77frx.html

Technics/Panasonic FMチューナーST-9700の仕様 テクニクス/パナソニック audio-heritage.jp

入力140dB(=10V)でも飽和しない耐入力性能を実現しています。 周波数ズレ・同調ズレを補正するテクニクス独自のサーボチューニングシステムを搭載しています。 MPX部にはダブルPLL方式を用いたMPX復調回路を搭載しており、優れた周波数特性を実現しています。 チューニングノブに触れるとローカットフィルタが作動する設計となっており、離調時のショック音を防止しています。

audio-heritage.jp/TECHNICS/tuner/st-9700.html

SANSUI プリメインアンプAU-7700の仕様 サンスイ audio-heritage.jp

裏面のパネルの構造は、Phono回路をはじめ、入力端子類を上向きに取り付け、イコライザーアンプの基板と最短距離で直結しています。 これにより、高域特性の劣化原因となるシールド線を使用する必要がなくなり、SN比が高く、高域特性が良い音質を実現しています。 コントロールアンプのプリント基板とロータリースイッチ類、レバースイッチ類、各種ボリュームが直接取り付けられた一体化構造となっています。 これにより接続不良などの故障を防止し、信頼性を向上しています。

audio-heritage.jp/SANSUI/amp/au-7700.html

BOSE 1705II(1705-2)の仕様 ボーズ audio-heritage.jp

ボディケース全体にアルミダイキャストを採用しており、これをヒートシンクとして活用する設計を採用しています。 これにより高出力に伴う熱を効果的に冷却しながらボディの剛性を高め、音に悪影響を及ぼす振動や共振を抑えています。 1705IIには101シリーズとの組み合わせを考えて専用のアクティブイコライザー回路を搭載しており、101シリーズにベストマッチの周波数バランスを実現しています。 イコライザー回路のON/OFFは裏面

audio-heritage.jp/BOSE/amp/1705ii.html

SONY スピーカーシステムSS-RX7の仕様 ソニー audio-heritage.jp

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。 この振動板は、宇宙船の振動解析手法NASTRANによる解析とヒアリングによって割り出したコーン紙形状を採用し、コーン紙に比べ暖かみのある低音が得られる素材を用いる一方、応答性に優れたウレタンエッジや高リニアリティダンパーを採用することで、安定した振動板動作を可能にしています。 磁気回路には磁束分布を前後対称にしたT型ポールピース、コーン紙の背圧を減少させる穴開きヨークなどの手法を導入し、低歪化を図っています。 フレームには

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/speaker/ss-rx7.html

SONY スピーカーシステムSS-G333ESの仕様 ソニー audio-heritage.jp

低域には31cmのコーン型ユニットを採用しています。 振動板にH.S.P.(High Stiffness Polyolefine)を採用しています。この素材は、高い剛性と適度な内部損失をもつ高分子材料で、音の伝播速度も約10,000m/secあり、振動板として十分な資質を持っています。これをカーブドコーンで採用することで、音楽の表現力を向上させています。 また、磁気回路には磁束密度9,000ガウスのストロンチウム・フェライトマグネット、及び、65mmφの大口径ボイスコイルを採用していま

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/speaker/ss-g333es.html

SONY プリメインアンプTA-F505ESDの仕様 ソニー audio-heritage.jp

TA-F505ESDはTA-F333ESRがベースとなっており、セレクター関連が一部異なる以外は、ほぼ同一の内部構成と回路を採用しています。 D/A変換部にはPDM(Pulse Density Modulation)方式のD/Aコンバーターを搭載しています。 PDM方式は1つの電流源と1つの電子スイッチで構成されており、デジタル回路からデータが入ってくると、それを高速演算して分解し、1秒間に1千万個以上のパルス列に変換して出力しています。

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/amp/ta-f505esd.html

ONKYO プリメインアンプIntegra A-2001の仕様 オンキヨー/オンキョー audio-heritage.jp

パワーアンプ部には新開発の光駆動方式を採用しています。この方式では、初段差動増幅回路の基準電流を、光を照射すると一定の電圧を発生する光起電力素子から得ており、従来の方式よりも高い精度の基準電流を得ることで高精度なV→I変換を行っています。 パワーブロックのファイナル段にはコレクタ損失150Wの大出力トランジスタ4個で構成したパラレルプッシュプル方式を採用しており、余裕のある出力を実現しています。 電源部では、アナログ回路とデジタル回路の間で干渉が起こるのを防ぐた

audio-heritage.jp/ONKYO/amp/integraa-2001.html

SONY MDデッキMDS-PC3の仕様 ソニー audio-heritage.jp

付属のPCリンクキットPCLK-MN10により、パソコンとUSB接続が可能です。 これにより、パソコンからMD/PC CD(PCのCD-ROM内の音楽CD)の再生/停止、曲の頭出し、早送り/巻戻しなどの基本操作が行えます。さらに、曲順の入れ替え(MOVE)や曲を消去する(ERASE)などの編集も可能です。 付属のオペレーションソフトを使用する事で、漢字/ひらがな文字をパソコンのキーボードから入力できます。 また、本体

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/mds-pc3.html

Technics プリメインアンプSU-A700MK2の仕様 テクニクス audio-heritage.jp

不要な付帯音を抑え、音場をさらに高める竹混抄電解コンデンサーを採用しています。 電源部にはRコア電源トランスを採用しており、漏洩磁束によるノイズ発生を低減しています。 THCBによる多層防振構造を採用しており、振動による音質への悪影響を低減しています。 金メッキ接点リレーによる端子直結の入出力切り換えを採用しており、高い信頼性を獲得しています。 バ

audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-a700mk2.html

YAMAHA プリメインアンプA-6aの仕様 ヤマハ audio-heritage.jp

メインアンプ部の終段で発生する歪をなくすため、独自のZDRが採用されています。これは、アンプ終段で生じる歪成分だけを検出し、それを同一ゲインで入力側に加えることで歪の発生をなくしてしまうもので、これによりアンプ終段で発生する歪の絶対量をゼロにしてます。また、クロスオーバ歪やサーマル歪などの有害な歪がなくなり、スピーカに起因する歪もキャンセルされます。 イコライザ部にはピュアカレントサーボアンプ方式を採用しています。この方式は、電源ラインやアースラインに、従来のように信号電流(変化電流

audio-heritage.jp/YAMAHA/amp/a-6a.html

YAMAHA FMチューナーT-3の仕様 ヤマハ audio-heritage.jp

フロントエンド部には、周波数直線型5連バリコンを採用し、アンテナ入力部及び段間をダブルチューンにしています。さらに、RFアンプにはデュアルゲートMOS FETを採用し、各種の妨害排除特性を改善しています。 IF部は、オーディオ特性を重視したLocalポジションと、妨害の多い受信環境に最適なDXポジションを搭載しており、自動的にDXポジションに切換るAuto-DX回路を採用することで高品質な受信を可能にしています。 LocalポジションでのIF段の構成は、新開発の

audio-heritage.jp/YAMAHA/tuner/t-3.html

SONY TA-AV1の仕様 ソニー audio-heritage.jp

デジタルAVマスターTA-AV1を中心に、AVチューナーST-AV1、マルチディスクプレイヤーMDP-AV1、スピーカーシステムSS-AV1、カセットデッキTC-AV1との組み合わせを考えた設計がされています。 入/出力端子を8系統搭載しており、オーディオソースと映像ソースを入れ換えるミックス機能などを搭載しています。 ドルビー/ホール/シミュレーテッドの3モードに対応したデジタルサラウンドプロセッサーを搭載してい

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/amp/ta-av1.html

SONY プリメインアンプTA-F333ESJの仕様 ソニー audio-heritage.jp

出力段素子に新開発のオーディオ専用・非磁性パワーMOS FET(メタルオキサイドセミコンダクターFET)を採用しています。パワーMOS FETは、もともと小信号のスイッチング素子として開発されたMOS FETを、優れた高周波特性やスイッチング速度をそのままに、大電力増幅を可能にしたものです。 この素子は、入力インピーダンスが高いためドライバー段の負担が少なく、比較的シンプルな回路構成で高音質が得られることに加え、二乗特性の伝達関数を持つため、歪は偶数次のものが主体で、音質への悪影響が少

audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/amp/ta-f333esj.html

1 2 3 4 次のページへ »

このサイトについて

TwitterでつぶやかれているURLを収集し「いま」旬のサイトがわかるWEBサービスです。各ジャンルの人気サイトがわかるのでWEBマーケターの方にも便利です。
続き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のサイトを検索